お知らせ:第76回日本寄生虫学会 東日本支部大会・第68回日本衛生動物学会 東日本支部大会 合同シンポジウムでの講演

[2016年10月18日]

第76回日本寄生虫学会 東日本支部大会・第68回日本衛生動物学会 東日本支部大会
合同シンポジウム「節足動物媒介性感染症研究のフロントライン」

 

日時:2016年10月22日(土)13:30-15:00
場所:東京大学 本郷キャンパス弥生講堂

座長:
松本 芳嗣(東京大学大学院・応用免疫学教室)
葛西 真治(国立感染症研究所・昆虫医科学)

 

演者ならびに講演タイトル:

● “Cutaneous leishmaniasis: Case management and treatment developments”
Dr. Byron Arana(Drugs for Neglected Diseases initiative, Switzerland)

● “Leishmaniases and their vectors in the Old World and Turkey”
Dr. Yusuf Özbel(Department of Parasitology, Ege University Faculty of Medicine, Turkey)

● “Recent geographic expansion of arboviral diseases: Chikungunya and Zika”
Dr. Anna-Bella Failloux(Department of Virology, Institut Pasteur, France)

DNDiのDr. Byron Arana(Head of cutaneous leishmaniasis)が
皮膚リーシュマニア症の治療薬開発について講演いたします。