顧みられない熱帯病や結核は世界中で発生している疾病の11.4%に相当するにもかかわらず、1975年から2004年までに承認された新薬1,556種類のうち、これらの疾患の治療を目的として開発されたものはわずか21種類(1.3%)でした。

 

Human African Trypanosomiasisアフリカ睡眠病

Leishmaniasisリーシュマニア症

アフリカ睡眠病(ヒトアフリカトリパノソーマ症(HAT))は、アフリカ36カ国で流行する風土病で約6,000万人が感染のリスクにさらされています。 この病気はツェツェバエによって媒介され、治療しなければ死に至ります。従来、アフリカ睡眠病の「後期」に使用されていた治療薬は、毒性があり、投与が困 難でしたが、それに代わる治療法の開発は25年もの間止まったままでした。そのため、DNDiは研究開発パートナー機関と協力して、2009年にアフリカ 睡眠病の新たな治療法を導入しました。
詳細(英語)
リーシュマニア症は、世界98カ国で見られ、3億5,000万人が感染のリスクにさらされています。感染を引き起こす原虫はリーシュマニアと呼ばれ、サシ チョウバエによって媒介されます。皮膚に傷痕を残すリーシュマニア症は社会・経済的な二次被害をももたらしがちな疾患で、治療しなければ死に至る内臓リー シュマニア症、一般的な皮膚リーシュマニア症など複数の型 があります。既存の治療薬は投与が難しく、毒性があり、高コストです。薬剤耐性の問題も深刻化しています。
詳細(英語)

シャーガス病

Paediatric HIV 小児HIV(エイズ)

シャーガス病は、中南米の21カ国に見られ、それらの国ではマラリアを含む寄生虫疾患の中で死亡者が最多となっています。世界では合計7,000万人が感 染のリス クにさらされ、米国、オーストラリア、ヨーロッパなど流行地以外の地域における患者数も増えています。サシガメと呼ばれる昆虫によって媒介され、治療しな ければ死に至る可能性があります。既存の治療薬の効果は低く、強い副作用があります。
詳細(英語)
現在、世界では3,500万人がHIV/エイズに罹っており、その97%が中、低所得国で暮らしています。その内320万人は15歳未満の小児であり、そ のほとんどはサハラ以南のアフリカにすんでいます。乳児のウィルス感染は、胎内、出生時、出生直後にウイルスに感染し起こり得ますが 、治療しなければその半数が2歳までに死亡します。
詳細(英語)

Filarial Diseasesフィラリア症

Mycetomaマイセトーマ

フィラリア蠕虫の寄生を原因とする疾患の中でも、回旋糸状虫によるオンコセルカ症やバンクロフト糸状虫、マレー糸状虫、チモール糸状虫によるリンパ系フィ ラリア症は貧困に苦しむ地域に何千万人もの患者がいます。オンコセルカ症もしくはリンパ系フィラリア症の治療にはイベルメクチンまたは2剤の混合投与が効 果をあげています。一方、オンコセルカ症やリンパ系フィラリア症が流行しており、更にロア糸状虫が重度に感染している地域では、これまでの治療薬ではロア 糸状虫のミクロフィラリアが急激に死滅することにより生ずる重篤な副作用が懸念されています。そのため、ロア糸状虫が重複して感染している地域において使 用可能な治療薬が求められています。
詳細(英語)
Mycetoma is characterized by devastating deformities, disability, and high morbidity. It causes stigma and has a serious negative socio-economic impact on those affected. The exact route of infection is unknown. While Mycetoma is endemic in many tropical and subtropical regions, there is only scant data on incidence and prevalence. Treatment requires prolonged courses of ineffective, prohibitively expensive antifungals which have serious side effects, followed by extensive and often destructive surgery (amputation).
詳細(英語)

C型肝炎Hepatitis C virus

マラリア

About 130-150 million people are living with chronic Hepatitis C infection (HCV). HCV exists in six genotypes and most global research and development efforts are focused on genotypes prevalent in high-income countries, neglecting others which infect the majority of patients in low- and middle-income countries (LMICs). Competition between companies has hindered the development of optimal pan-genotypic combinations for public health use. Approved treatments are very expensive and nearly half of the world’s HCV patients live in LMICs excluded from current licensing agreements.
詳細(英語)
マラリアは、サハラ以南のアフリカで30秒に1人の子供の命を奪い、世界で最も患者数が多く、死亡率も高い寄生虫疾患です。32億人が感染のリスクにさら され、有効な治療法はあるものの、薬剤耐性の拡大など大きな問題を抱えています。DNDiと研究開発パートナー機関は協働で、安価で有効性が高く、現地で の使用に適した2種類の治療薬を開発してきました。
詳細(英語)

 

DNDiのプロジェクトおよび上記疾患の詳細については、www.dndi.orgをご覧ください。