お知らせ:第89回日本薬理学会年会 シンポジウム開催

[2016年1月19日]

     
     ※画像をクリックしますとPDFにて詳細をご確認いただけます


シンポジウム「顧みられない熱帯病治療薬開発の戦略」

Strategy on Drug Development for Neglected Tropical Disease

熱帯地域の貧困層を中心に14億人以上が感染している17種の熱帯病(リーシュマニア症、シャーガス病、
アフリカ睡眠病、フィラリア症等)はWHOにより「顧みられない熱帯病(NTDs)」に特定されている。
安全で有効性の高いNTDs治療薬として大村智 北里大学特別栄誉教授らによるイベルメクチン開発の
国際貢献があるが、さらなる治療薬開発が期待される。本シンポジウムでは世界と日本のNTDs治療薬研究の
動向及び我が国の優れた創薬力と産官学パートナーシップによる新たな治療薬開発の戦略を議論する。

日時:平成28年3月10日(木)9:00-10:30 [S2K-1]
場所:パシフィコ横浜 会議センター313(K会場)  http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html

オーガナイザー:
山田 陽城(東京薬科大学薬学部 特任教授/北里大学 名誉教授/特定非営利活動法人DNDi Japan 理事長)
北       潔(東京大学大学院医学系研究科 教授/長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科 研究科長/
DNDi 科学諮問委員)

演者ならびに講演タイトル:
1. Simon L. Croft(ロンドン大学衛生熱帯医学校・感染症熱帯病研究科) 
皮膚および内臓リーシュマニア症のための治療デザイン
Design of treatments for cutaneous and visceral leishmaniasis

2. 北 潔(東京大学大学院医学系研究科/長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科)
魔法の弾丸:日本からの抗寄生虫薬
Magic bullets for parasitic diseases: drugs from Japan

3. 浅田 誠(エーザイ株式会社) 
熱帯病制圧に向けた治療薬の研究開発及び普及
製薬企業の取り組みの一例としての我々の活動の紹介
Research & Development and Distribution of medicines for eliminating Tropical Diseases
 Introduction of our activities as an example of the approach by pharmaceutical industries

4. BT Slingsby(公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)) 
グローバルヘルスR&Dに、日本のリーダーシップを
 Japan’s Global Health R&D Leadership

使用言語:英語

※本シンポジウムの聴講にあたり、第89回日本薬理学会年会への参加登録が必要となります。
またプログラム編成の都合により開催時間が変更となる可能性がございます。
詳細は第89回日本薬理学会年会のウェブサイトをご確認ください。

第89回日本薬理学会年会ウェブサイト http://www.jps2016.org/index.html
事前参加登録(平成28年2月2日(火)まで、当日参加も可能です) http://www.jps2016.org/registration.html