新型コロナウイルスの世界的大流行 (パンデミック) に対するDNDi エグゼクティブ・ディレクター (最高責任者)、ベルナール・ペクール の声明

[2020年3月20日]

 

パートナーの皆さまへ

 

世界中がかつてない困難な状況を迎えていますが、皆さまがお変わりなくお過ごしであることを願っています。

新型コロナウイルスの世界的大流行 (パンデミック) に直面し、DNDi は臨床試験における患者さまやパートナー、そしてチームの健康と安全、健全な状態の確保に向けて、最大限に努力することをお約束いたします。これは私たちの最優先事項です。研究開発の継続性を確保し、私たちが対象とする顧みられないコミュニティへのケアを途絶えさせることなく、患者の皆さまに確実に貢献できるよう取り組んでいきます。また同時に、私たちも新型コロナウイルスへの対応に貢献すべく、その最良の方策を模索していきます。

私たちのパートナーの多くがすでに、もしくは今まさに新型コロナウイルス対応の最前線に立とうとしています。このような苦しいときにこそ、仲間との団結の意志を表明したいと思います。滅多に見られないグローバルな規模で、世界中の医療従事者が大きなリスクに身を置き、深刻な環境のもとで、患者を治療し、このパンデミックを封じ込めようと努めています。彼らの取り組みに感謝の意を表します。

そして、私たちに支援できることはないかを検討いたしました。DNDi は過去15年にわたり、創薬から患者に届けるまでの、公共の利益に基づく協調的な連携型の研究開発を進める中で、独自の経験を蓄積してきました。命に関わる5種類の顧みられない病気に対し、特許のない入手可能な価格である8種類の治療を届けてきました。私たちが有する技術や専門性をパートナーの皆さまに提供し、新型コロナウイルスの研究で使用可能な化合物ライブラリーを公開し、臨床試験のデザイン、革新的な薬事規制戦略、新規に開発された治療や診断、ワクチンの入手可能な価格と公平なアクセスを実現する知的財産権やライセンスへのアプローチ方法など、できる限りの知見や資源を提供することが、私たちの責任であると考えています。私たちは、研究の次の段階で必要となるであろう国際的な基準を満たした臨床試験サイトや、低・中所得国との科学的なパートナーシップといった私たちが有するキャパシティを提供する準備ができています。これらは開発された解決策が、資源の乏しい国々においても即時に手に入り、適用されるためには欠かせない要素です。

この危機に対する公的、民間、学術部門などの医学・科学関係者の反応は非常に大きく、これまでにない迅速な取り組みにより、新規治療法やワクチンの開発が進められ、日々、新たな試験と結果が伝えられています。私たちの非常に多くの研究開発パートナーがこの戦いに挑む姿を目にし、大変励まされています。

科学的な進展の恩恵が地域や経済レベルに関わらず確実に行きわたるよう、今こそグローバルコミュニティが一体となって取り組むべきです。知見やデータの共有を促し、研究開発を加速させる、オープンで協調的な連携型のアプローチを実現するため、明確な公的コミットメントが求められています。

私たちが有する公共の利益に基づく研究開発の経験を活かし、この世界的大流行に直面しているすべての人びとと共に活動し、貧困層や脆弱で顧みられない層をも含むすべての患者が、医療イノベーションの成果による恩恵を確実に受けられるよう努めていきます。

各国や国際的なガイドラインに従い、新型コロナウイルスの伝播を減らし、新規症例数の拡大を緩やかにするため、本日時点で、世界中にあるDNDi オフィスのほぼすべてが事務所を閉め、臨床試験を担う重要なスタッフを除き、在宅勤務とする措置を取っています。

皆さまどうぞ安全にお過ごしください。

 

敬具

ベルナール・ペクール 医師
エグゼクティブ・ディレクター (最高責任者)
DNDi