お知らせ:日本薬学会 第141年会(広島)一般シンポジウム「日本発 顧みられない熱帯病治療薬におけるパートナーシップの最前線(2021)」

©Abraham Ali-DNDi
©Abraham Ali-DNDi

2021年3月28日(日)に開催される日本薬学会 第141年会(広島)にて、
下記の通り一般シンポジウムを開催いたします。多くの皆様のご参加、お待ちしております。

日程:2021年3月28日 (日) 15:45 〜 17:45

会場:講演会場F (オンライン)

テーマ:
日本発・顧みられない熱帯病創薬におけるパートナーシップの最前線(2021)
Recent progress in partnerships for NTD drug discovery in 2021

オーガナイザー:
山田 陽城(北里大学 名誉教授、特定非営利活動法人DNDi Japan理事長)
野崎 智義(東京大院医系研究科)

予約参加申込締切:2021年3月22日(月)
*本シンポジウムの聴講にあたり、日本薬学会第141年会の参加登録が必要となります。
詳細はホームページをご確認ください。こちらhttps://confit.atlas.jp/guide/event/pharm141/static/registration

 

概要:

世界の人口のおよそ6分の1が感染に晒されている顧みられない熱帯病(NTDs)は、患者が途上国の貧困地域に多いことから、市場性に乏しく既存の医薬品開発メカニズムが働かない。DNDiはこのような問題を解決するために2003年に設立された、スイス・ジュネーブに本部を持つ非営利の国際医薬品開発パートナーシップ(PDP)機関の1つであり、世界中の産官学のパートナーと共に、感染地域のニーズに合ったNTDs治療薬の研究開発をあらゆるステージにおいて効率的に推進している。

アカデミアや製薬会社も手をこまねいているわけではない。NTDsの治療に活用可能なオリジナルの技術やノウハウは常に生み出されている。しかしアカデミアには候補化合物を臨床にまで持ってゆくまでに大きなハードルがあり、一方でほとんどの製薬会社は既に感染症を主たるビジネス領域とは考えていない。このような状況で、パートナー同士の得意分野をつないでプロジェクトを運営するとともに資金を調達するPDPが、NTDs創薬に一つのソリューションを提供している。

今回のシンポジウムにおいては、DNDiが2015年よりGHITファンドの支援を受けて実施している「創薬ブースター」における成果と今後の進展、ならびにパートナー企業・アカデミアにおける、産学官の壁を超えた画期的な創薬手法について紹介するとともに、今後のNTDs創薬に関し、日本に期待される役割について議論したい。

 

プログラム:

NTD Drug Discovery Boosterのこれまでの成果と次のステップ
工月 達郎 (特定非営利活動法人DNDi Japan)

人類を脅かす感染症に対する治療薬の研究開発における企業の取り組み
吉田 立 (塩野義製薬)

顧みられない熱帯病に対するパートナーシップ活動
赤尾 雄一郎 (武田薬品工業)

顧みられない熱帯病に対する医薬品開発および提供における戦略的パートナーシップ
畑 桂 (エーザイ株式会社)

熱帯病創薬における免疫核酸医薬の近未来
石井 健 (東京大学医科学研究所ワクチン科学)

顧みられない熱帯病分野におけるアステラス製薬のAccess to Healthの取り組み
~顧みられない熱帯病治療薬開発~
堂本 郁也 (アステラス製薬)