DNDi、2028年までの「戦略計画2021-2028」を発表

2021年3月30日、Drugs for Neglected Diseases initiative (顧みられない病気の新薬開発イニシアティブ、以下「DND」) は、新たな戦略計画を発表しました。

DNDiは、2003年の創設以来、顧みられない患者の方々に8つの新たな治療薬・治療法を提供してきました。

直近では、DNDiが新規化合物からの開発に初めて成功した、アフリカ睡眠病の初の経口治療薬であるフェキシニダゾールなどがあります。

この度、戦略計画2021-2028では、2028年までに15~18種類の新しい治療を提供し、創設から25年間で計25種類の新しい治療を提供することを目標として掲げています。

2024年までに現在開発中の化合物から10~12種類の新たな治療と、さらに2028年までに創薬初期段階にある新規化合物から5〜7種類の新たな治療を提供し、また満たされない医療ニーズ (アンメット・メディカル・ニーズ) に応えるべく新たな疾患領域にも対処できるよう、ポートフォリオの拡大を目指し活動していきます。

この戦略計画は、DNDiの創設パートナー、世界を牽引するグローバルヘルスおよび医療業界専門家の方々、および日本を含む世界の200を超えるパートナーと約1年にわたる協議を重ねて完成に至りました。

DNDi の戦略計画2021-2028の詳細については、下記をご参照ください:

DNDi 本部プレスリリース:
リンク:https://dndi.org/press-releases/2021/dndi-unveils-its-vision-for-global-health-rd-for-next-decade/

戦略計画2021-2028:

リンク:https://dndi.org/about/strategy/